使用方法の例




1.缶類を容器内に纏めておきます
(ペンキ等の液体の入った缶類の場合、ビニール袋を開いておくと便利でしょう。)

※缶が満タンの場合

ビニール袋を2重にし、
ビニール袋は閉じない。袋の上から針を刺す方法。安全にガスが抜けます。


2.容器に収納する事により、缶に穴あけする際、素手で一つづつ取らなくとも、容器内に「危缶防」を差し込み、一ヶづつ当てながら連続しての穴あけ作業が可能となります



3.作業を手早く、手を煩わせることなく終了させ、処分後の缶類を捨てるのも楽になります



※「危缶防」は缶の大小は問いません(火の気の無い場所でお願いします。 )
また、塗料、薬品缶等でも飛び散らせずに、全てに対応可能です



lTOPへ戻るl  l商品紹介へ戻るl